政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

「いじめっ子が虐められるのは仕方が無い」の意味を履き違えている人が多いと思う

      2014/08/14

bullying-mistake

皆さんは「いじめっ子が虐められても仕方が無い」と思いますか?

この考え自体は間違っていないと思います。何故なら、いじめをするからにはそれなりの代償が必要だからです。もしあなたがいじめに加担するなら自分が虐められても文句は言えません。

問題なのは、「いじめっ子が虐められても仕方が無い」の意味を履き違えて「いじめっ子は悪いヤツだから虐めてもよい」と受け取っている人が実はかなり多いのではないのかということ。当然この考えは間違いです。いかなる理由があろうともいじめに加担することは許されるわけがありません。

履き違えの具体例

学校生活でも今までいじめっ子だった人が攻守一転して虐められるケースは珍しくありませんし、芸能人が不祥事を起こせば誹謗中傷を平気で行い、韓国人に対しては人種差別を行うという光景が当たり前のように見受けられます。

「アイツは悪いヤツだから罰を与える為にやってる」などと正当化しようとも部外者が見たらただのいじめです。それを良く思わない人が今度はあなたをいじめるでしょう。そして、それが連鎖していくわけです。相手がどんなヤツだとしてもいじめは負の連鎖にしかなりません。やるならやられたその場でやり返してその場で決着をつけるべきです。10年越しの復讐とかテレビとかで見かけますが子供の頃の出来事を大人になってまで引き摺るのは良くないです。子供の頃に決着をつけられなかった自分の責任です。

芸能人の不祥事を批判することは間違いでは無いと思いますが、数ヶ月、数年もの間あれこれ言い続けるのはただの嫌がらせです。

韓国人に対する誹謗中傷や差別に関しては他とは少し違って、不祥事や事件を起こした本人以外にも批判や誹謗中傷が行われます。これは明らかにおかしいわけです。例えば、自分の出身校に殺人事件を犯した人がいて出身校が同じだと言う理由で「○○高校のヤツは危険だ」などと言われて納得いくでしょうか?本人にはどうすることもできないわけです。もし、韓国人が絶対的な悪だとしてもあなたが誹謗中傷や差別をすればあなたはそれ以下になってしまうのです。

余談:私が日本人ばかりを批判して韓国人をあまり批判しない理由

過去の私の記事をご覧いただいてる方はご存知かと思いますが、韓国に対してよりも日本に対する批判のほうが多いです。その理由はシンプルで日本が良い国であって欲しいからです。

批判は物事の改善に繋がるわけです。日本を批判すれば日本は改善され、韓国を批判すれば韓国が改善されていくわけです。そもそも、自分の悪い行いを棚に上げて相手を批判しても聞く耳を持たないわけですよね。だからまずは自らの行いを見直すべきなのです。 日本人は他人を批判する前に自分を改めるという感覚が身に付いているものだと思っています。

日本のネトウヨと韓国のネチズンの不毛な争いを見ていると、結局、双方とも自分の過ちを認めなかったり、相手に非があるとばかり考えているんですよね。完全に子供の喧嘩です。もし、日韓問題が解消しても、根本的な考えを改めない限りネトウヨとネチズンは対立したままでしょう。

おわりに

もし、こういう行いを内心は悪いことだと認識し少しでも罪悪感を感じているのであればまだ救いはあると思いますが、その感覚すら無い人達は・・・。こういった当たり前の感覚も意識的に教育していかないと駄目な世の中なのかも知れません。

 - 雑記 , , ,