政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

「大食いするな!被災者の事考えろ!」というのは全く意味が無い理由

   

どうやら大食いアラサーユーチューバーの木下ゆうかさんが批判されているようです。

木下ゆうかさんの動画は好きで私もよく見ているのですが、膨大な食事量より栄養バランスが心配な今日この頃。

熊本地震で食糧に困っている被災者が沢山いるということで、

  • 「不謹慎だ」
  • 「時期を考えろ」
  • 「大食いするなら被災者を支援しろ」

本当に被災者を思っての発言なのか、アンチ木下を叩く為に被災者を利用しているのかは分かりませんが、こんな意見が多く見られるわけです。

大食いは「無理して食べてる」という誤解

結構勘違いしている人が多いと思うんですが、基本的に大食いの人は無理をして食べているわけではありません。無理をして食べるのは「大食い大会」のような競技の時ぐらいです(当然そうでない人もいますが)。

実際、木下さんは毎日のように4キロとか平気で食べていますが本人にとっては適量です。毎日苦しい思いして大食いする意味がありませんよね。お金もかかるわけですし。

木下さんの過去の動画を見ると分かりますが、社会人になるまではお腹一杯食べたことが無かったそうです。それが当たり前だと思っていたようです。確かに自分の娘が平然と4,5キロも食べるなんて思いもしませんからね(笑)

沢山食べても太らない体質は羨ましいですが、普通の人の量ではお腹一杯にならないのは辛いですよね。特に金銭面で。

つまり、本人は適量を食べているのに「自粛しろ」と言われるのはおかしな話なんです。

日本の食糧廃棄率は世界一という事実。食べ物の半分が捨てられているのを知ってますか?

仮に大食いを自粛した所で全く被災者の為にはなりません。

なぜなら日本人一人当たりの食品廃棄率は世界ワースト1位なんです。

日本人約1億2,000万人に対して年間1,940万トン(11兆円)もの食品廃棄量なんです。対してアメリカは約3億1,500万人に対して年間3,300万トン(13兆円)。全体で見ればアメリカの方が多いですが、それは日本の3倍もの人口だからです。いかに日本人が食べ物を無駄にしているか分かりますよね(モッタイナイの精神はいずこへ・・・)。

過去の似た記事を書いてるのでそれも引用します。

5分でわかる食糧問題|環境問題を知ろう|NPO法人ネットワーク『地球村』

日本は食糧の半分以上を輸入に頼っていますが、5500万トンを輸入していながら1800万トンを廃棄しています。金額にすると年間11兆円とされ日本の農水産業の生産額とほぼ同額と言われています。日本で生産した作物をまるごと捨てているようなものですからこれは異常な事態です。

 

つまり、大食いを自粛する以前に食糧は有り余っているわけです。

むしろ、食べなければ賞味期限を迎えた食品が廃棄され無駄になるわけですから、廃棄量を減らす大食いは社会貢献と言えるでしょう。

おわりに

廃棄しようがしまいが、大食いしようがしまいが、熊本の被災者に影響はありません(物資が届かないのは流通や政府・自治体の問題ですから)。

しかし、世界には本当に食糧に飢えている人が大勢いるわけです。日本が廃棄しなければ9000万人の貧困者が救えるかも知れないのです。

途上国5000万人分の食糧が1000万トンといわれていますから、9000万人分の食糧を廃棄していることになります。

「もったいない」発祥の日本が世界で一番もったいないことをしている事実を知ってますか?

せっかくある食べ物を廃棄して無駄にしてしまう事こそが、被災者に対する酷い仕打ちだと私は思います。

 - 雑記 ,