政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

2020年実用化される一般道対応自動運転車って居眠り運転OKなのか?

      2015/11/13

先日行われた東京モーターショーの関係者日で、日産が一般道に対応した自動運転車を2020年に実用化を目指すことを発表したのですが、「遂にそういう時代がくるのか」という期待がある反面、あらぬトラブルが起きてしまうのではないかと不安も大きいと感じます。

自動運転車は居眠り運転や飲酒運転は可能なのか?自動化なんかしたら居眠りは避けられない

現在政府は自動運転車の誕生に伴い法令の改正を検討しているとのことです。ただ、万が一のトラブルにはドライバーが対応する必要があると思うので、居眠り運転や飲酒運転が合法化されることはまずあり得ないでしょう。

でも、居眠り運転は合法化されようがされまいが、自動運転になったら”やってしまう”と思います。ただでさえ高速道路のような単調な道を走っていると眠くなってくるのに、自分で運転せずに済んでしまったら眠ってしまいますよね。

普段から居眠り癖のある人なら、ある意味自動化は安全だと思うんですが、ほとんどの場合、危険性は増えるのではないかと思います。

完全自動化は正直恐ろしい。もし、不具合が発生したら・・・

そもそもの話、自動運転車をどこまで信用できるのか?ってことですよね。

今だって、GPSには当たり前のようにズレが生じますし、大量のリコールだってあります。そんな状態で運転の自動化って怖過ぎだと思いませんか?正直私は恐ろしくて乗りたいとは思えないですね。

例えば、自動運転車はセンサーを使って車間距離を把握しスピードを調節しているわけですが、急にセンサーが故障したらどうなってしまうんでしょうか?対向車線の車両にまっしぐらなんてことにならないでしょうか?逆に、何もない所で急停車し後続車両に追突されたりしないでしょうか?非常に不安です。

また、幅ギリギリの狭い道路とか大丈夫なんでしょうかね。あとはバイクと並走するようなケースとかも。こういう部分って人間の繊細な感覚が必要な気がするんですが、そこまで安全に自動化出来るなら技術の進歩に驚愕します。

メーカーは事故時の責任をどうするか検討中とのこと、でもそれって・・・

自動運転車はこれまでに無かったモノなので、事故時の責任をメーカーが持つのか、それとも国が持つのかを検討しているとのことです。これまでは基本的に運転手が責任を負うことが多かったですが、これについては”自動”なので、基本的にメーカーか国の責任になるとのことです。

それはそうと、事故時の責任について大々的に公表して良いんでしょうか?暗に「自動運転車はまだまだ改良の余地があるので事故を起こす可能性があります」と言っているようなものなんですよね。

おわりに

個人的に自動運転車はテクノロジー的には面白いんですけど、実際乗ったら退屈だと思いますね。居眠りしたり、スマホ弄ったりするのが可能なら良いんですけど、基本的には自分で運転するのと同じく前方を見ないといけないはずなので。だったら、自分で運転したほうが良いかなと思います。

また、都内を走ってる『ゆりかもめ』なんかは自動運転ですが、特別不安を感じることはありません。それは不確定要素がほとんど無い為です。一方で自動車の自動化は不確定要素だらけなんですよね。

自動運転なのに「本当に安全だろうか・・・」と気が張って、逆に神経使ってしまいそうです。

あっ、ということは、居眠り運転の心配は無さそうですね。

P.S.

同じ自動化ならコーヒーメーカーがオススメです。

 - 雑記