政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

安倍政権に武力行使の権限を持たせることリスクが分かりますか?

      2015/07/20

世界各国が武力を持っている。それは世界常識であり当然のことだ。同じく集団的自衛権も世界の多くの国が行使している。

集団的自衛権に反対すると「なぜ世界中で認められている日本は駄目なんだ!!」と声を荒げる人がいる。集団的自衛権が違憲(憲法違反)かは置いておき、今の日本つまり安倍政権が実権を握っているうちは集団的自衛権を認めるべきでないと思う。

嘘や無責任な発言・行動が目立つ安倍政権に命を預けられるか?

集団的自衛権は他国の戦争に加勢することを意味する、当然自衛官が人を殺さなければならないケースも出てくるだろう。集団的自衛権はとても重たい権利なのだ。だから「誰が」行使するかが非常に重要なのである。日頃の外交姿勢次第で集団的自衛権の行使が必要になるかは変わってくるし、行使するタイミングで人の生死に大きく影響する。

嘘や無責任な発言があまりにも多い安倍首相、安倍政権に自分や家族の命を安心して預けられるだろうか? 私には出来ない。安倍政権には命を預けたくない。盗み癖のある人に留守番を頼むようなものだ。

場合によっては日本が世界中から敵視されることも有り得る

再度言うが、「誰に」武力を持たせるか、「誰に」行使させる権限を持たせるかは本当に重要だ。

最初にも言ったが世界中の国が武力を保持しているわけだ。武力はいわば人を殺す為の力だが、通常問題視されることはない。自衛隊もそうだろう。その理由は国がきちんと機能している、つまり暴走して悪用される可能性が少ないからだ。逆に、シリアのような国民同士が殺し合ったり、テロ支援するような国家であれば、武力保持は脅威であり問題なのだ。つまり、主導者や国民次第で武力は薬にも毒にもなる。

日本がシリアのようになるとは思わないが、「誰が」主導するかで自衛官の生存率にも影響してくるだろうし、国民の安全にも関わってくる。そして、海外から見た日本のイメージも変わってくるだろう。

集団的自衛権によって軍国主義時代の日本を彷彿とさせることがあれば、アジア諸国に限らず世界中から敵視されたりマイナスのイメージが植えつくことになる。そうなってしまっては経済的損失および治安悪化に繋がり、今までの安定した日本は維持できなくなるだろう。

集団的自衛権には無数の選択肢がある

集団的自衛権の答えは「行使する」、「行使しない」の2つだけではない。「行使する」場合でも無数の選択肢があるのだ。行使に至るまでの過程だったり、行使するタイミングなど無数に分岐する。むしろそれが重要だ。その無数の選択肢の中から最適なものを選べるかどうかで日本の未来は変わってくるのだ。

 - 雑記 , , , ,