政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

「テロリストの主張に反する行動が正しい」という右翼の主張は軽率だ

      2015/07/20

テロリストの主張に反することが正義だと思っているなら、それこそテロリストの思う壺である。

右翼・保守の中でも熱烈な安倍支持派は、

「問題解決してないのに安倍政権を批判することはテロリストの主張と同調することになりテロに加担していることになる」

などと訴え、自らと反対意見を持つ人をテロリスト扱いしている。とんでもない話だ。

問題解決してない今だからこそ安倍政権を批判する意味がある

一部の右翼や保守にテロリスト扱いされてまで安倍首相を批判する理由はなんだろうか?よく考えてみてほしい。

その理由は、問題解決しておらず、人質が命の危機に晒されているのにかかわらず安易に「テロに屈しない」などといってテロリストを挑発しているからだ。当然、テロリストを挑発すれば人質の生存率は低くなる。

だからこそ問題解決していないこのタイミングで安倍政権を批判する必要があるのだ。人質になるような危険な職業を自ら選んでいるわけだから彼にも責任がある。しかし、「テロに屈しない」と挑発して命を脅かすことが認められるわけがない。

「テロリストの主張に反することが正しい」というのは危険な考え

先ほども言ったが一部の右翼・保守である熱烈な安倍支持派は「テロリストに主張に反することが正しい、同調することはテロに加担することになる」と主張している。

その考えは誤りだ。

何故なら、テロリストが正論を言うこともあるし、普通の人が誤ったことを言うこともあるからだ。当然のことだ。それに、テロリストの主張に反対する意見が正しいと思い込むことは逆手に取られる原因になる。テロリストが要求をかなえる為にあえて意に反することを主張したら思う壺だ。

「中国韓国が嫌がる事は日本の国益になる」と主張した『次世代の党』も似たようなものだ。このような妄信的な考えはとても危険だし、こういった考えがヘイトスピーチを増長させている。そして反対する意見を持つ人を売国奴呼ばわりするのである。とても短絡的な考えだ。

こうした妄信的な考えが「自分が絶対的な正義」だと勘違いさせ、反対派を潰すことに手段をいとわないテロリストを生み出すことになるわけだ。ヘイトスピーチは武力を行使していないだけで本質的にはテロと変わらないことを自覚すべきだ。

おわりに

何度も言うがテロリストが100%間違った主張しているとは限らない。テロ行為は許されざる行為だが、言葉全てを批判することは盲目である。

そもそも交渉とは部分的に双方の意見を一致させることなのである。テロリストだからといって全ての言葉を否定してしまっては行き着く先は武力衝突しかない。それは最悪のシナリオだ。

大切なのは相手を完全否定し対立を煽ることではなく、落とし所を見極め被害を最小限に抑えることではないだろうか。

安倍支持派は0か1でしか物事を考えられないのだろうか?

 - 雑記 , , ,