政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

「偏向報道するな!」と言う人に限って偏向を望んでいる事実

      2015/07/20

以前にも記事にした通り、マスコミの偏向報道は場合によっては必要になることもある。いわば「必要悪」というやつだ。安倍政権が暴走している現在、それを野放しにし、マスコミが政府に同調していたら歯止めが利かなくなってしまうことだろう。

とはいえ、捏造ほどでは無いものの視聴者に偏見を植え付けかねない偏向報道は問題視されるのは当然のことだ。何年か前に起きたフジテレビデモで愛国右翼や嫌韓派が「偏向するな!」と叫んでいたのは記憶に新しい。

しかし、意外に思うかもしれないが、「偏向するな!」と叫んでいた彼ら自身が偏向報道を求めている事実があるのだ。

保守・右翼が好むメディアは偏向された情報の温床

「偏向するな!」と主張する人の大半は右翼・保守派または嫌韓派だ。そんな彼らは産経新聞を愛読することが多い。産経新聞は保守・右翼思想が強い新聞だ。当然のように安倍政権を持ち上げる記事が多い。そして民主党などの野党をテロリスト呼ばわりする。今最も偏向しているのが産経新聞と言っても過言ではないのだ。

また、彼らは「国民が知らない反日の実態」のような情報サイトを好んで読む。韓国や中国の悪い部分だけをピックアップしたサイトなのでこれ以上にない偏向だ。しかも、情報の半分は事実確認がされていない情報、つまり捏造された情報も多いのだ。

偏向を嫌う人達に限って、過度に偏向された情報を読み漁る。これが現実だ。

「偏向するな!」が意味するもの

結局のところ、彼らは偏向が嫌なのではなく、自分にとって「都合の悪い情報は流すな」、つまり”自分が好まないものは日本にいらない”という『排外主義』思想なのだ。シンプルに言えば「器が小さい」ということだ。

これと同じことが安倍首相にも当てはまる。安倍首相のフェイスブックは自分を賛美してくれる人は受け入れ、批判する人はブロックして聞く耳を持たない。批判を聞き改善することが政治家の仕事なのにそれを怠るのは職務放棄ではないだろうか?

 - 雑記 , , ,