政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

安保法制賛成派(在特会)のデモがあまりにも酷過ぎて書かずにはいられなかった

      2015/08/06

世間では安保法制反対の声がますます強まっていて、反対デモの主催者は「全国各地の1000カ所前後で実施されたと見込まれる」と話しています。

ただ、規模が多くなるとどうしても問題行動を起こす人も出てきてしまうのが悔やまれます。先日は合憲派憲法学者に対して「殺す」とツイッターで脅迫する事件が起きたり、自民党の事務所に「日本の恥 安倍晋三」と落書きをするなどの被害が出ています。こういったことは許されませんが、裏を返せば自民党の行き過ぎた国民軽視が原因ともいえますよね。

このように反対派ばかりがメディアに取上げられていて、「なぜ賛成派のデモは報道しないんだ!!!」と不満を言う人もいるようなので、今回は安保法制賛成派デモを紹介しようと思います。

なお、賛成デモがメディアに取上げられない理由は、以下のデモの内容を見れば分かります。報道されれば逆に一般的な賛成派のイメージダウンになりかねない内容なんですよね。

賛成デモを映した動画を見つけたので紹介します。

賛成派のデモがあまりにも残念すぎる内容だった

桜井 誠  緊急抗議行動! 妄想左翼へ街宣&カウンター H27/07/18

再生前の画像でネタバレしてしまっていますが、このデモの主役はあの保守・右翼活動家『桜井誠』氏です。

桜井氏は右翼団体『在特会』の元会長で、著書『大嫌韓時代』は約10万部も売れた(諸説あり)ということもあり、日本で最も影響力のある保守・右翼の一人です。また、先日海外ニュースでも取上げられ(URL)大きな話題にもなりました。以前、橋下徹大阪市長と対談した事でも話題になりましたよね。

↓かなり偏向した内容ですのでご購入は自己責任で。

この動画は安保法制賛成派や保守・右翼の方々のイメージダウンに繋がりかねない内容なのですが、動画に映っているのは一部の過激派だと言う事をご理解いただければと思います(それでも10万人に支持されているのは脅威ですが・・・)。


改めて明示させていただきますが、本記事は良識的な賛成派を非難するものではなく、差別団体『在特会』および元会長桜井誠を非難することが主となっています。不快になられる方もいらっしゃると思いますがご容赦いただければと思います。


それでは、この動画の何が酷いかを順を追って説明していきます。

anpohosei-approve

まず動画の最初に、賛成派の女性が、

平和を守る人達はね一番暴力的なんですよ!
憲法9条を守る為なら「殺す」って言うんですよ!

と、反対派の一部の過激思想を非難しているわけです。

冒頭でも言いましたが、『殺せ』などという暴挙は許されるものではありません。こういう事を言えば発言の信憑性が薄れていきますよね。真面目に抗議する人がバカを見るだけなので多数の反対派も迷惑に思っているはずです。

しかし、上の写真を見てみてください。

拉致豚 殺せ』のプラカードが掲げられています。
相手が北朝鮮のトップ金恩正であっても、『侮辱』 + 『脅迫』のコンビネーションはどうなんでしょうかね。自分達が今批判している事と全く同じ事をやっているわけです。以前にも「朝鮮人を殺せ」と叫んでヘイトスピーチデモをしたりと全く自分が見えていません。。。

また、女性はこう続けます。

「革命を起こすためなら倒される前に倒す」こういう暴力的なことばかり言っているんです!

「倒される前に倒す」確かに暴力的です。重複しますが一部にそういう過激思想な人がいることは否定しません。しかし、安保法制や集団的自衛権を行使することこそが「倒される前に倒す」なんですよね。この事実を分かってて言っているんでしょうか?

集団的自衛権は「アメリカの戦争に加勢する見返りとして日本を外敵から守ってもらおう」というものなんですよね。戦争に加勢すれば当然「人を殺す(倒す)」ことになります。つまり、「倒される前に倒す」は集団的自衛権の特徴を表した言葉と言えます。

anpohosei-approve2

続いて自称18歳イケメンの桜井誠氏の登場です。桜井氏は登場早々こう発言します。

私は嘘と朝鮮人が大嫌いなんです。
嘘つきは泥棒の始まり、朝鮮人の始まりと申します

いきなり、「朝鮮・韓国人は泥棒だ」とヘイトスピーチが炸裂します(もちろん、そんな人は極一部で大半は秩序を守っています)。

桜井氏はこう続けます。

”戦争法案”とレッテルを貼って・・・
どこに日本が侵略戦争して良いと書いてあるんですか!?

まず、戦争法案っていう名称はレッテルでは無いんですよね。先ほども述べたように米国の戦争に加勢する為の権利ですからね。

続いて『侵略戦争』を訴える人は極一部の過激派だけです。極一部の少数意見を強調することは在特会がデモでよく口にする『偏向』そのものなんですよね。

そもそも、かつて侵略戦争を起こした欧米や大日本帝国の当時の憲法にだって「侵略して良い」なんて書かれていないはずです。それでも侵略戦争は起こるんです。ましてや平然とヘイトスピーチをする人達に武力を持たせれば本当に侵略戦争や虐殺が起きかねません。

anpohosei-approve3

つぎに、強行採決についてこう述べています。

もう100時間以上話し合っているんですよ。一体後どれぐらい話し合えばいいんですか?

確かに通常の法案なら100時間も話し合えば十分でしょう。しかし、これは国民の命に関わる重要な法案です。そもそも安保法案は11法案がセットになったものなんですよね。つまり1法案あたりたったの10時間しか話し合われていないんです。

それに国民の8割が反対しているのに可決して与党は何の疑問も感じなかったんでしょうか?与党に良心があるなら「国民の意見とこれだけの差があるということは正しい選択とは言えない」と決断を先送りするという選択もあるんですけどね。

続いて、桜井氏は安保法制に賛成している他国について話します。

安保法案に反対してるのはシナ、朝鮮だけじゃないですか!
アジア各国みな賛成している事実を考えていただきたい。

確かに中国、北朝鮮にとっては脅威でしょうから反対するでしょうし、アジア各国は中国の脅威から守って欲しいわけだから賛成するのは当たり前ですよね。

でも、なぜアジア各国が賛成していると日本も賛成しなければならないんでしょうか?日本のことなんだから日本国民が決めるべき事なんじゃないですか?安保法制でアメリカと協力すれば犠牲になるのは自衛隊なんですよ。

極め付けにはこう発言します。

こういった「アホな主張」に対して、考える力を持っていただきたい。
(反対派デモをやってる人の)たいていは何も考えていないで反対と言ってる!

これも酷い発言ですよね。反対デモは主催者発表によると10万人集まったそうですが、その人達に向かって「何も考えていない」とか「アホな主張」などと暴言を吐いているわけです。彼らはちゃんと自分なりに信念を持って活動しているはずです。なのに、そうやってレッテルを貼ってネガティブな印象を広めるのは、桜井氏自信が嫌う「ウソ」そのものなんですけどね。

また、桜井氏は反対デモ団体を『共産党』や暴力的な組織が母体だと言っていますが全くの嘘です。リテラの記事によると事実はこうです。

SEALDsは安倍政権を支える連中から目の敵にされているようだ。SEALDsは、東日本大震災の被災地支援活動をしていた明治学院大学の学生、奥田愛基氏らが中心になってつくったSASPL(特定秘密保護法に反対する学生有志の会)が母体となっていて、実際に特定の党派とはなんの関係もない。

私から言わせれば、中国の脅威を煽ってるのにヘイトスピーチで挑発するほうが「何も考えていない」し、「アホな主張」をしてると思いますけどね。本当に脅威ならせめて民間レベルだけでも友好を築く努力をしなければならないはずなんですけどね。

にしてもなぜ賛成派デモは日本国旗が掲げられているのか?

賛成派のデモは特殊なんですよね。何が特殊かというと『国旗』。

対中、対韓のデモだったら分かるんですが、日本人同士で国旗を掲げる必要性なんて一切無いと思いませんか?賛成派も反対派も日本を守るのが目的なわけですから、わざわざ『日本人アピール』する必要はありません。

国旗を掲げる理由は言ってしまえば極端なナショナリズムなんですよね。つまり、自分に絶対的な正当性があり相手の意見は一切認めないということなんです。

実際、ツイッターで日の丸アイコンをつけてる人と政治的な話をすると、意見が食い違った瞬間に『売国奴』呼ばわりされる事が非常に多いです。安倍首相もそうですが『他人の意見に向き合おうとしない』んですよね。

愛国心は大切ですが、異なる価値観を受け入れようとしないのは問題です。

おわりに

極一部(といっても10万人以上の支持者がいますが)ではあると思いますが、こういった差別的な行為だったり、自分の発言の矛盾に気付かない人達が安保法制に賛成していると、安保法制そのもののイメージが悪くなると思うんですよね(桜井氏は大阪市役所職員の職務怠慢を抗議したりなど評価できる面もあるだけに残念です)。

また、九州のほうでも賛成デモもありましたが、参加者の一人が元自衛隊航空幕僚長である田母神俊雄の横領事件を擁護していたり、中国の事を600万人を虐殺したナチス・ドイツに例えたりしていて、イマイチ主張が頭に入ってこないんですよね。言ってることも「説明不足」と言われた安倍首相の主張を繰り返しているだけですし。

結局どんな権利も正しく使えなければ身を滅ぼします。例えば、包丁だって本来は料理を美味しく調理する為の道具ですが、凶器として使う人もいるわけです。

また、憲法を平然と無視する安倍政権の行動をみる限り、現時点では安保法制は日本では扱いきれないと感じますね。身を守るどころか滅ぼしかねないと感じます。

というか賛成も反対も大した問題じゃないんですよね。なぜなら『目標は皆同じ』だから。詳しくは下記の記事で説明していますのでよかったら是非ご覧ください。

↓ 反対派デモ集団による動画です。安倍政権や賛成派が語ろうとしない安保法制の『デメリット』を”分かりやすく”説明した動画です。

【#本当に止める】6分でわかる安保法制

 - 雑記 , , , ,