政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

安倍首相や賛成派が安保法制を他人事にしか考えていないと思う理由

   

安保法制・集団的自衛権に賛成する人の大半は、きっとどこか他人事だから賛成出来るのだと思います。

そんなことを書くと、「日本を守る為に必要だろ!」とか「反対派こそ現実を直視してない」などと反論されると思います。

今回は安保法制・集団的自衛権の必要性については問いません。あくまでも賛成する人の心境面にフォーカスして話します。

安倍首相や賛成派が安保法制を他人事にしか考えていないと思う理由

改めて問います。

安保法制・集団的自衛権に賛成するあなたは、他人事のように考えていませんか?

おそらく「他人事になんて考えていない!」と答えると思います。

では質問を変えます。

もし、あなたに自衛官の子供がいたとしたら、アメリカの戦争に協力する安保法制に賛成できますか?

「はい」と答えられる人はほとんどいないはずです。

戦後70年間戦闘による死傷者が出ていない自衛隊が、アメリカの戦争やPKOに参加すれば確実に死者が出るようになるわけです。

死ぬかも知れない、人を殺すかも知れない、そんな場所に愛する我が子を送り出せる親はまずいません。

戦時のように「お国の為に戦ってきなさい」という時代ではないんです。しかも、直接日本を守る為ではなくアメリカの為に戦うわけです。

安倍首相も賛成派も”自分の子供は関係ない”から安易に安保法制を強行採決してまで成立させることが出来るのだと思います。

自分の子供が戦地に行っても構わない、自分自身が徴兵されても構わない、それぐらいの覚悟を持って賛成すべきだと思うんですよね。確実に自衛官の命は犠牲になるわけですから。

 - 雑記 , ,