政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

外国人が日本を評価するのは左翼的な部分。自称愛国者は本当に日本が好きなのか?

   

聞いてもいないのに「私が日本が好きです」「愛国者です」と愛国心をアピールしている人がネットには多く存在します。ツイッターのアイコンには日の丸を付けて「私こそが愛国者だ」と誇示するわけです。

もちろん、愛国アピールをしなくとも一般的な日本人は基本的には日本が好きなはずです。自称愛国者が嫌う左翼も日本が好きです。もちろん不満は多かれ少なかれありますが、これほど恵まれた国は数少ないわけです。

そういった一般的な日本人とは異なり愛国アピールをする人達がセットで発言する言葉があります。それは「反日」「売国奴」といった憎悪が込められた言葉です。

愛国心のあまり、日本に批判的な意見を否定する感情は理解出来ないこともありません。しかし、彼らはそれだけじゃないのです。

自称愛国者が日本の良い部分を口にする事は滅多にないが、韓国や中国の悪い部分はひたすら口にする事実

ツイッターのアイコンを日の丸や旭日旗にしている人のツイートを見ると分かりますが、彼らが日本の良い面をツイートする事は本当に稀なんですよね。その代わりに口にするのが韓国や中国のニュース。政治的な批判もありますが、多くはヘイトスピーチのような差別的発言なんですよね。

このことから、彼ら愛国者が興味があるのは日本ではなく韓国や中国なのは明白なわけです。

政治的批判をするのは愛国心がある証明にもなりますが、そうじゃなく、無関係な一般市民に対してのヘイトスピーチは愛国心でも何でも無いんですよね。むしろ、愛国心を利用して差別を正当化する悪質な行為です。

というように、彼らの行動を見てると、とても愛国心があるとは思えないんですよね。たんに自己の欲求を満たしたいだけの身勝手な人だと言わざるを得ません。

自称愛国者はいったい日本の何が好きなのか?

日本人が海外から評価されているのは、「おもてなし」や「慎ましやかさ」と言った和を重んじる心なんですよね。

つまり、「他を受け入れる寛容さ」が海外から評価されているわけです。

「他を受け入れる」のは左翼的思想であり、排外的な保守・右翼思想とは正反対なわけです。

となると、自称愛国者はいったい日本のどの部分が好きなのかが分からなくなります。

外国人や左翼思想の人が日本を好きなのは当然として、「他を拒絶する」自称愛国者は本当に日本が好きなのでしょうか?

軍旗である旭日旗を掲げているくらいですから、もしかすると和を重んじる日本ではなく、命を懸けて戦った旧日本軍が好きなだけなのかも知れません。

無論、保守・右翼だからといって差別的な人とは限りませんし、左翼以上に外国人に友好的な保守・右翼もいるでしょう。

批判されるべきは愛国心を盾に差別を行う”ならず者”です。

 - 雑記 , ,