政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

安倍首相の発言が『支離滅裂』過ぎる。こんな人に集団的自衛権を行使させて問題はないのか?

      2015/07/20

普段から安倍首相の言動に注目している人であれば、安倍首相が嘘を付いたり無責任な発言をするなどして、とにかく支離滅裂なのはご存知だろう。

その支離滅裂な発言は国民の命を左右する集団的自衛権についても当てはまる。先日の党首討論では以下の発言をした。

「リスクとは関わりない」
「自衛隊員の安全に十分に配慮しており、危険が決定的に高まるといった指摘は当たらない」

その一方で、安倍首相は「地球規模に自衛隊を派遣して米国との同盟を強化する」という旨の発言をしている。

これは明らかな矛盾だ。世界中のあちこちで武力介入しているアメリカに協力するということはそれだけで自衛官に危険が伴うのは誰でもわかる事だ。あくまで「物資支援などに限定し、自衛隊は戦わない」と言うのであれば「抑止力」は期待できないはずだ。米軍は命を削って戦っているのに自衛隊は安全なところから物資支援するだけというのはアメリカからすれば割に合わないのである。

それに現時点で既に、集団的自衛権閣議決定した時から解釈が広がっているわけだ。今は「後方支援だけ」と言っていても、いざ派遣されるようになれば「前線で戦う」ことになる可能性は大いにある。アメリカがそう要請すれば断れないのが日本なのである。

米軍を支援するということは後方支援であろうが戦争に手を貸すということだ。物資支援を断つ為に真っ先に日本が攻撃される可能性だってあるのだ。それを「危険が決定的に高まることはない」と断言してしまうのは国民に対しての誤魔化しだ。

全てを正直話せ、安倍晋三!

集団的自衛権を行使すれば多くの自衛官が犠牲になる可能性はある。しかし、行使しないよりは良い結果を生む。なぜなら・・・

と、なぜ安倍首相は言えないのか?(野党に言及され、ちょろっと口にしたようだが・・・)

ほとんどの国民はまずは自分や家族の命を大切にするはずだ。つまり集団的自衛権行使で生き延びる確率が高まるならリスク込みでも賛成する人は多いはずなのだ。しかし、安倍首相はリスクを隠す。これは暗に「集団的自衛権を行使したほうがリスクが高い」と言っているようなものなのだ。

安倍首相は自分の判断に自信があるのなら、嘘を付いたり誤魔化すことなく全てありのままに国民に話すべきだ。

多くの人命を失う可能性がある集団的自衛権。だからこそ安倍首相には任せられない

集団的自衛権はメリットもデメリットもあるが、使い様によっては有益なものであることには間違いない。しかし、それは行使する人が信用できる場合に限るのだ。安倍首相のように嘘を付き、責任も持たない人が行使すれば逆に日本は窮地に立たされる事になる。

なぜなら集団的自衛権は「人を殺す兵器そのもの」だからだ。兵器を正しく使えば相手を脅すことで「抑止」になるが、使い方を誤れば「自滅」し国を滅ぼしかねない。それどころか世界をも滅ぼすかも知れない。集団的自衛権は世界中の人命の行方を左右することなのだから、本当に必要な時を見極め、最も効果的な使い方を出来る人が行使しなければならないのだ。そして、その人物が安倍首相ではないことは確かだ。

 - 雑記 , , , ,