政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

日本の愛国者は0か1でしか物事を考えられないのだろうか?

      2015/07/20

悪いのはイスラム国だから安倍首相には責任は無い?それは大きな間違いだ。

今回の事件での世論を見ていると、このような悲惨な事態になっても安倍首相を支持する意見が多い。安倍支持派の中には「悪いのはISISで、安倍首相には責任は無い」という意見、さらには「安倍首相を批判するヤツはテロリストの仲間だ!」といった支離滅裂な発言も多く見かける。

批判したらテロリスト扱い?

当然ながらこのような意見を認めることは出来ない。

何故ならISISの今回の行動の引き金になったのは間違いなく安倍首相の言動によるものであるからだ。間接的に殺人を犯したといっても過言ではないのだ。過激な批判が出るのは当然だろう。批判をするだけでテロリスト扱いされるなら、それはオウム真理教のような危険なカルト思想だ。

なぜ安倍首相に責任が無い?

安倍支持派が何故「安倍首相に責任は無い」と思うのか不思議でならない。

もちろん、大前提として最も悪いのはISISだ。それは揺るがない。しかし、引き金になった安倍首相にも責任はあるし、危険区域を訪れた人質2人にも責任はある。関わる人物が多ければ多いほど責任を問われる人の数も多くなるのは当然のことだ。誰か一人だけに責任があるわけでは無いのだ。

一箇所に責任を押し付ける行為はとても見っとも無い。見ていて情けなくなる。自分の責任は自分で果たすべきだろう。国家の代表なら尚更だ。

「なぜ日本がテロの標的になったのか?」それを考えることも大切だ。テロリストだけを非難しているだけでは今後も日本はテロに巻き込まれていくだろう。

安倍支持派とヘイトスピーチを行う人の考え方は似ている

ヘイトスピーチを行う人は「中国・韓国が悪い。だから日本のヘイトスピーチは悪くない」という無茶苦茶な理論を振りかざし愚行を行うわけだ。ネトウヨ達がヘイトスピーチを行った時点で日本にも非が生まれるのは当然のはずなのだがネトウヨはそれを理解していない。そもそも歴史的な背景も中国・韓国だけに問題があるのではない。日本にも問題があるのだ(反日の原因は日本にある)。

0と1でしか考えられないから戦争が起きる

0(正義)か1(悪)でしか物事を考えられないのは非常危険な傾向だ。正義は悪を倒すことに何の躊躇もしない。悪は滅びて当然と思っているからだ。しかし、実際には正義と悪の間には無数の人がいるのだ。

過激派とはいえイスラム国に属する人の大半は直接的には害の無い非戦闘員なのである。それを「イスラム国だから全員悪だ」と空爆で皆殺しにすることに正義はあるのだろうか?また、反日国と言っても中国人・韓国人の半数以上は日本に好意的であるという統計が出ているのに「中国人・韓国人は全員敵だ」とヘイトスピーチを行うことに正義はあるのか?同じ様に中国・韓国に「旧日本軍は敵だ。だから今の日本人も罰を受けるべきだ」などと言われても納得できないだろう。

いずれも間違った行為だ。人は0と1には分類できないのである。平和を望むのであるなら、0と1で考えるのではなく、その間にある無数の数字をしっかりと見つめる必要があるだろう。

ヘイトスピーチと無差別殺人にそれほど差は無い

 - 雑記 , , , ,