政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

【税金の無駄遣い】安倍首相がニコ生で安保法案説明。支持者礼賛でほっこり!

      2015/11/05

abe-niconama2

『国民の理解が深まっていない』と集団的自衛権の行使に必要な『安保法案』について、先日安倍首相がニコニコ生放送(自民党の番組『カフェスタ』)で解説しました。

「ついに国民の為に動き出したか!」と思いきや、そうではなさそうです。

ニコ生も自民党の番組も結局は『ホーム』なんですよね。なので、予想通り動画のコメントは安倍首相を礼賛するものばかり。礼賛自体は問題ありません。問題なのは『礼賛される環境で説明』している事なんです。

支持者ばかりが集まる場所で熱弁して一体何の意味があるのだろうか?

礼賛される環境ということは、その放送を見ているのは支持者ばかりなんですよね。当然支持者は既に安保法案に賛成しているわけです。大切なのは不支持派を取り込むことなのにそれをやっていない。つまり、国民の理解を深める事に何も寄与していないという事なんですよね。ただ、安倍首相が礼賛され気持ち良くなっているだけです。

しかも、視聴者数もたったの11,730人。国民の1万人に1人も見ていない計算です。国民へ安保法案の理解を深めるには少なすぎる数です。しかも相手は支持者だけだという。国民は安倍首相が気持ち良くなる為に税金を納めているわけじゃないんですよね。

おそらく安倍首相はこれをアリバイにして「国民に十分な理解を得た」と言うのでしょう。昨年の解散総選挙でも同じようなことやっていましたからね。。。

『戦争』を『泥棒』に例え、賛成のハードルを下げるのは汚いやり方だ

番組内容も酷いんですよね。このようなことを言ってました。

備えあれば憂いなしだ。戸締まりをしっかりしていれば泥棒や強盗が入らない。助け合いができている町内は犯罪が少ない

集団的自衛権を泥棒や強盗に例えるのもおかしな話なんですよね。その例えなら誰もが集団的自衛権行使に賛成するでしょう。

しかし、実際は泥棒や強盗なんて甘いものじゃないんですよね、相手は武装した軍隊だったり凶悪なテロリスト集団です。泥棒や強盗は捕まえれば一件落着ですが、軍隊やテロリストであれば報復攻撃が必ず来ます。それに人を殺さなければなりません。さらには友好国に攻撃する可能性も出てきます(※1)。つまり、行使すること自体が大きなリスクになり得るわけです。

安倍首相はこういったリスクの説明を意図的に避けているんですよね。それが『国民の理解を深める』事になるんでしょうか?

安倍首相は地上波放送のテレビ番組に出演してきちんと説明すべきです。安倍首相は「テレビ番組に出たいが、どこも呼んでくれない」とぼやいているようですが、先日の討論番組への出演を拒否したのは自民党自身なんですけどね。

首相単独出演だと自民党に都合の良いことばかりを発言するはずですから出演オファーは無いでしょうけど、反対派交えての討論番組だったら出演歓迎されそうですけどね。

※1 アメリカの最大の敵国はイランだと言われています(参考)。その為、アメリカは各国のイラン外交に圧力をかけました。しかし、日本はアメリカの圧力を物ともせず原油を買い続けたことで友好関係を築いたわけです。しかし、集団的自衛権でアメリカと組めばイランは確実に敵になります。

安倍首相は逃げずに堂々と戦うべき。それこそが国民が望むこと

国民が知りたいのは、「安保法案が本当に必要なものなのか?リスクはどの程度あるのか?」という事なんですよね。だから、どちらか一方の主張を聞いていても意味が無いのです。賛成派と反対派が討論することこそが国民の理解を深める事に繋がるはずです。

安倍首相は持論に自信があるなら逃げずに堂々と戦うべきです。批判から逃げてばかりでは「結局その程度か・・・」と見限られてしまうだけです。自信が無い法案を成立させてしまってはそれこそ国家の危機ではないでしょうか?

 - 雑記 , , , ,