政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

【マスコミ癒着】国民の税金で寿司、ローストビーフなど贅沢三昧な安倍首相。庶民感覚が分からない政治家に庶民の生活を改善出来るのか?

      2016/01/27

またまた、安倍首相の問題行動が話題になっていますね。この国のトップは一体どうなっているのでしょうか・・・。

税金を使いマスコミと癒着する安倍首相

高級寿司にローストビーフ…安倍首相が番記者と国民の税金を使って忘年会! 癒着マスコミは恥ずかしくないのか

この記事によると、国費(国民の税金)を使って番記者達(マスコミ)に高級寿司やローストビーフを振る舞い、ドンチャン騒ぎの忘年会をしていたとの事です。

単純に考えても、税金が忘年会に使われること自体がおかしいですし、たとえポケットマネーであってもこれは癒着なんですよね。

つまり、国民の税金を使い安倍政権に都合の悪い情報を流させ難くしているんですよね。仮に、安倍首相にそういう意図が無くても、人間心理として良いもてなしをされたら、悪いことは言い難くなるのは当然です。

自分の都合の良いように税金を使う安倍首相。国民を馬鹿にしていると言わざるを得ません。

パートは月25万稼ぐと安倍首相は思っている?

1月8日の国会答弁で安倍首相が問題発言をしたと話題になっています。

なんでも、安倍首相が「パートは月25万円稼げる」という旨の衝撃発言をしたとのこと。詳しくは以下の動画の27分頃から。

安倍首相の「パートは月25万円稼げる」発言に批判殺到!ネット上で「計算してみろ」と怒りの声が相次ぐ!

動画をご覧いただければ分かりますが、安倍首相は直接は「パートは月25万円稼げる」とは言っていません。たとえ話で25万円という数字を出しているだけです。

しかし、その直前にパートうんぬんという発言がある為、聞き手からすれば「パートは月25万円稼げる」と言ったものだと感じますし、安倍首相もパートのつもりで月25万と言ったはずです。

パートで稼げる金額なんて月10万円程度がやっとです。庶民と感覚がずれているからこそ出てしまった発言ではないでしょうか。

たとえ話であっても、普通は一般的な数字を例に出します。現実離れした数字を出せばイメージし難くなりますからね。つまり、安倍首相は一般的にパートがどれくらい稼いでいるかを把握していないということです。

もし、パートじゃなく正社員のつもりで言ったのなら、話の流れ的に一貫性が無くなり、答弁として中途半端だと言わざるを得ないでしょう。

アベノミクス自体が庶民の感覚を無視した政策である

国内でも海外でも失敗に終わったと言われているアベノミクス。この政策自体が一般的な庶民の感覚を無視したものであることを多くの人が実感しているはずです。

物価だけ上がり(それに加え税金も増え)、収入は増えない。苦しい。

多くの人がそう感じています。

給料が増え、生活が良くなったのは庶民とは言い難いエリート層の人ばかり。

それがアベノミクスの実態です。

アベノミクスは国家としては潤うかも知れません。しかし、国民個人には意識が向いていないんです。

政府的にはGDPが伸びればアベノミクスは成功で、

「ね。アベノミクスで経済成長したでしょ?この数字が証明。」

と言うことが出来ます。

しかし、GDPが伸びただけでは庶民の生活が良くなるとは限りません。

エリート層が大きく収入を増やし、庶民の収入は据え置きでも、GDPはプラスです。

しかし、それは格差が広がっただけ。収入が据え置きの庶民は物価が上昇すれば実質的には貧困層に格下げされます。

もちろん前向きに考えれば将来的には庶民の収入も底上げされるかも知れません。

でも何故、一番生活に苦しんでいる人達に対し、より大きな負担をかけるのでしょうか?

アベノミクス実施前にギリギリの生活だった人は、アベノミクスにより普通の生活が出来なくなってしまったわけです。

なのにアベノミクスを続行する安倍首相。

これは安倍首相が庶民感覚にあまりにも欠けているという証拠です。

もはや誰からも支持されなくなりつつある安倍政権

昨年末に行われた日韓慰安婦問題の解決合意により、安倍政権を支持していた保守・右翼にも見放される始末(合意したのは政府間だけであり、右翼左翼に限らず民間レベルでは全く解決していません)。

保守・右翼の割合は日本の総人口と比較すれば微々たるものですが、『ネットの情報拡散力』という点では大きなダメージとなります。ネットの情報は1あるものを100に、100あるものを10000に膨らませる事が出来るからです。絶対的な支持者を失った影響は、カジュアルな支持者にも響くはずです。

安倍首相に限らず、大物と呼ばれる政治家には庶民的感覚を期待してはいけないのかもしれません。ただ、民主主義を軽視する身勝手な人を国のトップに居座らせ続ける事だけは避けなければならないと思います。

 

 - 雑記 , ,