政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

「テロに屈しない」事を第一に考える人はテロリストと同じ思考に陥らない様に気をつけるべきだ

      2015/07/20

安倍首相を支持する一部には熱烈な信者がいる。安倍首相・安倍政権の批判を一切認めない人物のことだ。今回はその人達への警告をしようと思う。

今回のイスラム国人質事件に関して安倍政権を批判すると、彼ら安倍信者は「安倍首相を批判するやつはテロリストと同じだ」とありえない暴言を吐く。

彼らの言い分を聞くと、「テロリストの目的は安倍首相を批判することだから、同じく安倍首相を批判する者はテロリストと同調していることになる」らしい。

当たり前のことだが、政権批判をしたからと言ってテロを容認することにはならない。

もし、情勢が変わりテロリストが「平和的に事態を収束させたい。金品もいらない」と懇願してきた場合、同意したらテロリスト扱いされるのだろうか?相手が平和的解決を望めば、こちらは武力での解決を望まなくてはならないのだろうか?というように彼ら安倍信者の言っていることがおかしいのは明白だ。

安倍信者は安倍首相と自分自身が絶対的な正義だと妄信している。そして、批判したり価値観が異なる相手をテロリスト、売国奴扱いするといった報復を行う。

皮肉にもこの行為・思想はテロリストと全く同じなのだ。テロリストも自身が正義だと妄信し、批判する者や価値観が異なる者を殺害(報復)する。

自分が正義だと妄信して、実際にやっていることはテロリストと変わらない。何とも滑稽だ。

中韓へのヘイトスピーチも同じだ。自分が正しいと妄信し自分の行動が全く見えていない分かりやすい例だ。ヘイトスピーチを批判しておいて自分もヘイトスピーチをやっているんだから呆れるしかない。今回の件も価値観が違うというだけで日本人をテロリスト呼ばわりしているわけだから、日本人による日本人へのヘイトスピーチと言えるのではないか?

誰を信じるかはその人の自由だ、好きなだけ安倍首相を崇拝すればよい。しかし、批判を認めない、批判した人に報復というのは容認できるものではない。何故なら日本は民主主義国家であり政権批判する権利があるからだ。日本は北朝鮮のような独裁国家ではない。日本国民なら日本のルールを守るべきではないだろうか?

姑息過ぎる!イスラム国人質事件で政府が最初から人質を助ける気が無かったと発表。

 - 雑記 , , ,