政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

東日本大震災(3.11)を安倍首相が「記念日化」する件に異議あり

      2015/07/20

3月4日、安倍首相が東日本大震災(3.11)を記念日化することを検討しているという内容のニュースが報じられました。

現段階で「記念日化」発言してしまうことは時期尚早であり、考えが浅はかではないかと思いました。

ネットのコメントを見ると「記念日」という言葉に違和感を感じている方が多く見受けられますが、「終戦記念日」など前例があるので間違った使い方では無い思いますし、今回の震災を今後の教訓にするという点では賛成です。

しかし、そういう発言をするには時期が早すぎると思います。
以下の写真をご覧ください。

1003940_583655058383340_106491774_n

2014年1月に撮影された女川町の写真です(写真はこちらから引用させていただきました)。

未だに爪あとが残る被災地

写真のように建物が再建されるどころか崩壊した建物すら撤去されず残っている地域があり完全復旧はまだまだ先が見えません。福島原発もまだ危うい状態で日々ニュースが報じられています。震災は今も続いているわけです。

福島第一の汚染水保管 満タン運用横行

こんな時期に「記念日化」発言をしたら、被災地から離れた所に住む人は「復旧はだいぶ済んだのだろうな」「福島原発も危険性がなくなったのだろうな」などと震災は過去のものであると勘違いする人が増えるのではないでしょうか。

未来のことよりもまずは今を

今回の安倍首相の発言は浅はかであったと批判せざるをえません。
現在でも被災して苦しんでいる人のことを考えたら「記念日化」だなんて発言できないと思います。そんなこと言うよりも復旧が1日も早く終わるように策を練ったほうがよいかと思います。
そして「記念日化」がすんなり受け入れられる時が一日も早く来ることを願っています。

東日本大震災3周年ということで以下の記事を書きました。よろしければご覧ください。

3.11東日本大震災の現状が節目にしか報道されない理由

 - 雑記 , ,