政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

日テレ24時間テレビで毎回上がる話題「エセチャリティー」についての見解

   

毎年恒例の24時間テレビですが今年も放送を終えました。子供の頃から見てると流石にマンネリ化してまともに見なくなるわけですが24時間マラソンは今でもそれなりに楽しめています。本編よりも後日放送されるマラソンの裏側が映るドキュメンタリーが好きなんですけどね。

さて、24時間テレビが放送されると毎回話題に上がるのが「エセ(似非)チャリティー」という言葉。あまり聞き心地のよい言葉ではないですよね。番組に不満を持つ人が番組を非難する目的で言ってるわけですが、同時に募金している善良な人の気持ちまでを踏みにじる発言です。募金する人は番組に賛同しているわけですからね。

なぜこのような事が起きているのでしょうか?

「エセチャリティーだ!」と声を大にして番組を非難する人達の主張はおもに「一般人から金を集めているのに芸能人はギャラをもらっている!!」というものです。一見すると「芸能人って汚いなぁ」と思うかもしれません。しかし、本当にそうなのでしょうか?

何故、芸能人だけがノーギャラで仕事をしなければならないのか?

24時間テレビは一般人から募金を募ることが目的の番組です。その番組趣旨に賛同して募金をしているわけですから何の問題もありません。芸能人がギャラをもらおうと関係のない話です。

そもそも、何故チャリティー番組で芸能人がギャラを貰うと叩かれるのか不思議でなりません。芸能人らも一般人と同じように募金をしているわけですから対等であるはずです。何故芸能人だからといってノーギャラで仕事をしなければならないのか?芸能人にノーギャラで仕事しろと言うことは、募金をした一般人にも1日タダ働きしろと言ってるようなものなんですよね。

「ノーギャラでやれ」って人は、芸能人に限らずスタッフに対してもそのような主張をすると思いますが、徹夜で働いているのにタダ働きを強制されるとか無茶苦茶な話です。人件費以外にも資材や光熱費など億単位の出費があるわけです。それをテレビ局が負担するというわけにはいかないでしょう。

それに支援が必要な人と助けになったり、これだけ大きな企画をやればテレビ局以外にも恩恵を受ける企業も多いはずです。有益で良い企画だと思うんですけどね。番組のマンネリ化は何とかしてもらいたいものですが。

ちなみに24時間テレビのチャリティーグッズはAmazonでも扱っているようですね。チャリTシャツは「服&ファッション小物」ベストセラー3位でかなり売れているようです。ちなみに今回のチャリTシャツのデザインはファイナルファンタジーでお馴染みのデザイナー「天野喜孝」によるものです。

SNSはバーチャルではない。「SNSの擬似恋愛で満足」という考えが理解できない件

 - 雑記 ,